歯が生えない赤ちゃんが心配なお母さんへ。生える順番や注意点

歯 赤ちゃん

赤ちゃんの歯とは?生える順番やいつ生えるか

赤ちゃんの歯は乳歯

赤ちゃんの時に生える歯は、「乳歯」と呼ばれる子どもの時の歯です。いずれ永久歯に生え変わるものですが、乳歯の時のお口の中の環境や咬み合わせは、虫歯や歯周病・顎の正しい成長に関わるため、非常に重要な時期でもあります。

まずは下の歯から生えてくる

生える順番や時期は個人差があるものですが、まず始めに生後6ヶ月頃になると下の前歯が出てきます。

次に上の前歯が出てき始めて、1歳になる頃には上下の4本の歯が揃います

1歳半頃までには前から4番目の歯が生えてきて、2歳くらいになると犬歯が揃い始める頃です。

多くの赤ちゃんは3歳くらいまでに5番目の歯も生えて、上下全部で20本の歯が見えるようになります。

うちの子はまだ生えない!どうすればいい?

周りの子よりも歯が生えるのが遅いといって、極度に心配する必要はありません。ただし、1歳を過ぎても1本も歯が生えてこない場合は、一度歯科医院でお口の中を診てもらいましょう。

生まれつき歯が少ない「先天性欠如歯」の可能性や、歯茎が厚いなど何らかの原因で歯が生えてこられないことが考えられます。

赤ちゃんの歯に関する注意点。歯磨きや歯並びは?

歯が生えてくる時はむずがゆい

赤ちゃんは歯が生えてくるときに歯ぐきのあたりがむずがゆくなり、泣いたりかゆがって何かを噛んでいたい様子が見られます。ガーゼや歯ブラシで歯が生えてきている部分を優しくなでてあげましょう。

また、「歯固め」を使用すると、歯のむずがゆさが解消されたり、噛むことのトレーニングにもなります。

歯磨きを始めるのはいつから?

歯の生え始め、離乳食が始まるまではガーゼなどで歯を拭いてあげます。「痛いものだ」と感じると歯磨きが嫌いになってしまうので、まずは歯磨きに慣れてもらうことが大切です。

離乳食が始まったら、赤ちゃん用の歯ブラシで汚れを綺麗に磨きましょう。子どもの頃からお口の中を清潔にしておくことで、将来の虫歯や歯周病リスクを軽減することができます。

歯並びが悪い

すきっ歯や受け口など、乳歯の頃から歯並びを気にするご両親は多くいらっしゃいます。

乳歯のすきっ歯に関しては、永久歯に生え変わると改善することがあるため、過度な心配は必要ありません。念の為、歯科検診の時にチェックしてもらいましょう。

受け口に関しては、3歳頃から取り外しができる装置を使用して治療を行うケースがあります。早期治療により、将来必要になる矯正治療の期間や負担の軽減、顎の骨の正しい成長を促すことができます。

年齢や費用はその子によって異なりますので、歯並びが気になる場合は矯正歯科に相談してみましょう。

お気軽にご相談ください。

歯に関するお悩み・矯正・ホワイトニング・クリーニング等について、当法人の歯科医院までお問い合わせくださいませ。

銀座みゆき通りデンタルクリニック 銀座キッズデンタルパーク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする