銀歯を白くするには?メタルフリー治療の方法や費用をご紹介

銀歯 白くする

銀歯とは

銀歯は、保険治療でよく使われる安価な素材「金銀パラジウム合金」にて歯を削った部分に補綴した部分です。銀歯の下で虫歯になりやすかったり、だんだん劣化・腐食していくなどのデメリットがあります。その他のデメリットも見てみましょう。

お口の中で目立つ

他の白い歯とは色も質感も全く違い、とても目立ちます。銀歯が見えてしまうので、笑ったり大きく口を開けて喋ることが嫌になり、内向的になってしまうことも考えられるのです。

虫歯になりやすい

銀歯が劣化していくと、歯と銀歯の間に隙間ができ、汚れが溜まっていくことにより虫歯や歯周病の原因になります。

口臭の原因にもなりますので、歯磨きをしても口臭が良くならない場合には銀歯から臭いが発生していることも考えられるでしょう。

歯科金属アレルギーの原因になる

銀歯に使われる金銀パラジウム合金は、温かいお口の中で次第に溶け出していきます。そして、溶け出した金属イオンが蓄積すると、皮膚や体に不調が現れるなど、歯科金属アレルギーの症状が起きる場合があるのです。

アレルギーの有無は皮膚科やアレルギー科などで検査ができます。

銀歯と思っている歯はアマルガム?

かつて日本でよく使われていた歯科治療に用いられる金属で、体に有害な水銀を含む詰め物です。自分では銀歯だと思っている詰め物も実はアマルガムかもしれません。

最近では使われなくなりましたが、お口の中にアマルガムが入っている人はいまだ見受けられます。アマルガムもアレルギーやアトピーなどの皮膚病を引き起こす可能性があるのです。

銀歯を白くする方法

銀歯やアマルガムに代わるものとして、見た目もよく、金属アレルギーを引き起こさない素材はどんなものがあるでしょうか。

CR・グラディアダイレクト

アマルガムを除去してアレルギーの原因となりにくい白い詰め物に変える方法として、CRやグラディアダイレクトと呼ばれるものがあります。

CRとはコンポジットレジン充填法により、歯の失った部分を補うもの。プラスチック素材でやわらかく、どろっとした液体の状態で充填し、光で硬化し、形や咬み合わせを調整します。

グラディアダイレクトはCRのひとつでセラミック(陶器)が入っており、従来のプラスチックのみのCRと比べて審美性と耐久性に優れた素材です。豊富な色調と透明度があり、天然の歯に近い色を出すことができます。

どちらも型採りの必要がないため当日の治療が可能ですが、歯の状態によってはCRやグラディアダイレクトでは適応できないケースがあります。

CR充填の費用

初診料・再診療・治療費などを含めて約5,000円程度ですが、歯科医院や治療する歯、虫歯の状態によっても前後しますので、かかりつけの歯科医院に大体の費用を確認してみましょう。

CRのメリット、デメリット

●健康保険適用

●変色、劣化しやすい

グラディアダイレクトのメリット、デメリット

●CRと比べて変色や劣化がしにくく、審美性が高い

●自由診療の為、CRよりも費用負担は大きい

ハイブリッドセラミックインレー・クラウン

プラスチックとセラミック(陶器)が合わさった素材で、歯を削った部分への詰め物(インレー)や被せ物(クラウン)を作ります。

作成までの流れとしては、まず検査を行って治療計画を立てます。そして、銀歯を外して歯の状態や虫歯などを確認し、治療後に型採りします。

※銀歯の下の歯の状態によっては、治療を優先することもあるため、流れはケースバイケースです。

ハイブリッドセラミックスの費用

インレーで約4万円程度~、クラウンで約10万円前後であることが多いようです。

メリット

●条件によって保険適用ができるケースがある。

●自由診療でもオールセラミックより費用が安い。

デメリット

●プラスチックが含まれるため、水分の吸収があり劣化や変色の可能性がある。

●オールセラミックと比べて割れやすい。

オールセラミックインレー・クラウン

お茶碗などに使われている陶器(セラミック)100%の詰め物・被せ物です。変色や劣化はほとんどなく、天然の歯とほぼ区別がつかないような見た目で、適度な強度もあります。見た目にこだわる方や、割れるリスクが高くない方におすすめ出来る素材です。

オールセラミックスの費用

インレーで約6万円程度~、クラウンで約12万円以上であることが多いようです。

メリット

●変色、劣化しにくいので見た目が良い。

●良い咬み合わせと高い歯科技術により割れにくい。

デメリット

●自由診療でハイブリッドセラミックよりも費用が高い。

●食いしばりや歯ぎしりの強い方は、割れる可能性が高い。また、他の歯にダメージを与える可能性がある。

ジルコニアインレー・クラウン

人工ダイヤモンドのジルコニアが素材となっている詰め物・被せ物です。オールセラミックスのように白く天然の歯に近い見た目ですが、透明度はやや劣りますので、前歯などには適さないことがあります。

ジルコニアの費用

インレーで約8万円前後、クラウンで15万円前後であることが多いようです。

メリット

●強度がある為、食いしばりや歯ぎしりのある方でも割れにくい

●白く美しく、天然の歯のように見える

デメリット

●透明度に欠ける為、見た目的には前歯に向かない

●強度が非常に高く、対合する歯にダメージを与える可能性がある

まとめ

自由診療となるセラミックスやジルコニアの費用に差はありますが、技術によっては割れやすかったり、天然の歯を大きく削るケースもあります。価格だけで選ばずに、技術の高い歯科医院を選ぶことも大切です。

お気軽にご相談ください。

歯に関するお悩み・矯正・ホワイトニング・クリーニング等について、当法人の歯科医院までお問い合わせくださいませ。

銀座みゆき通りデンタルクリニック 銀座キッズデンタルパーク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする