実はコワい!お口の中の金属アレルギーとメタルフリー治療

メタルフリー

こんな症状はありませんか?

・口角炎、口内炎、舌炎、口唇炎
・口腔扁平苔癬
・味覚障害
・脱毛症
・アトピー性皮膚炎
・湿疹

そもそもアレルギーとは何でしょうか?

花粉症や、食べ物にアレルギーのある方は金属アレルギーにもなりやすいと言われています。

人の体は、体の外からの抗原に対抗する抗体を作って体を守ろうとします。抗体が体にとって良い物かどうかを見極め、排除したりするのです。
例を挙げると、一旦おたふくかぜにかかると二度とかからなくなります。これは免疫と言われ、上手く作用しないと害のない物にまで過敏に反応してしまう事があります。

花粉症も、本来有害ではない花粉に対し、過敏な反応を起こしているのです。症状として、鼻水やくしゃみなどが現れます。これがアレルギーと呼ばれるものです。
異物が侵入すると、対抗する物質が作られます。そして。再び異物が侵入した時に、免疫機能が上手く働くと異物の侵入を防止するのですが、対抗する物質が異物に対して過剰に反応し、アレルギーを起こします。

お口の中に金属はありませんか?

昔から保険治療でよく使われていた銀などの被せものや詰め物は、錆びやすい素材であります。さらに暖かく湿った環境で溶け出しやすい為、イオン化しやすくなっています。長い年月をかけ、少しずつ溶け出した金属イオンが、体の中に蓄積していきます。
これが原因となり、アレルギー反応により体の不調や、皮膚に炎症等を引き起こしている場合があります。

虫歯などで歯を削って治療した場合、金属を使わないメタルフリー治療を選択することも可能です。金属アレルギーのある方にはもちろん、金属アレルギーのない方でも将来金属アレルギーを起こす可能性は十分考えられますので、予防や見た目にも良いと言えます。

アマルガムは体に悪い?

アマルガムとは、1980年代までよく使用されていた健康保険の歯科材料です。(保険治療では現在でも使用されています。)銀・スズ・亜鉛・水銀などが含まれる合金で、安いからと定着しましたが、なんと歯科用アマルガムは5割も水銀が含まれています。

物を噛んだ時の摩擦で水銀の蒸気が発生し、粒子が体内に蓄積されます。唾液・お茶などでも化学反応を起こします。成分が溶け出し、歯や歯茎を変色させたり、金属アレルギー、虫歯の再発などの原因にもなります。

メタルフリー材料

・セラミックス
・ジルコニア
・ハイブリッドセラミックス など

虫歯などで歯を削って治療した場合、金属を使わないメタルフリー治療を選択することも可能です。金属アレルギーのある方にはもちろん、ない方でも将来金属アレルギーを起こす可能性は十分考えられますので、予防や見た目にも良いと言えます。

セラミックスやジルコニアは、天然の歯のような透明感や硬さがあり、生体適合性が高い材料です。
ハイブリッドセラミックスもよく使われていますが、さまざまな化学成分から出来ていますので、これが原因によりアレルギーが起こる可能性もあります。

お気軽にご相談ください。

歯に関するお悩み・矯正・ホワイトニング・クリーニング等について、当法人の歯科医院までお問い合わせくださいませ。

銀座みゆき通りデンタルクリニック 銀座キッズデンタルパーク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする