矯正治療を「始める前に知っておきたいこと」やこだわり

矯正治療は大人になってからでも出来ます。

歯並びが気になったら、治す方法としては矯正治療をするかセラミックの被せものを選ぶことになります。

矯正治療は、ワイヤーやマウスピースを用いてゆっくりと少しずつ歯を動かしていきます。セラミックの被せものは、型取りと完成したセラミックの歯の接着のみで終えることができますが、当法人は健康な歯を抜いたり削ったりすることは将来的にもおすすめはしておりません。

歯は、一度削ったり抜いたりすると元には戻りません

矯正治療を始めるにあたって、「小臼歯を抜歯しなければ治らない」と言われるケースが多いです。せっかく、虫歯のない健康な歯をお持ちであれば、その歯をいかして美しく咬み合わせの良い歯並びに治療をすることができれば良いですよね。それだけではなく、小臼歯には機能的な役割が沢山あり、人間にとって必要な歯なのです。

大人になってからでも、非抜歯矯正治療という機能美を求める治療方法を諦める必要はありません。

治療の計画を立てる前には、精密な検査を行います。歯並びの状態はもちろん、歯の中の状態、親知らずの有無、咬み合わせなど、お口の中をあらゆる面から調べます。

そうすることで、歯並びが悪くなった原因が分かるため、治療方法を決定することができたり、治療計画が正確なものにできるのです。

当法人はやみくもに歯を抜いてスペースを広げ、歯を並べる治療は行っておりません。健康な歯は抜かずに、歯を正しい位置に動かして並べていきます。

気になる治療方法や費用

矯正治療にはどんな方法があり、費用はどれくらいかかるのでしょうか。

よく見かける!ワイヤーを使った矯正

ワイヤー 矯正

ワイヤーを用いて歯を並べる方法の矯正治療は、永久歯の中学生~大人の場合、約1年半~2年程で終わるケースが一般的です。

ワイヤーでの矯正は、表側または裏側にワイヤーを通して、ワイヤーが広がろうとする力やゴムなどを利用して歯を動かし、歯並びを治します。

元々の歯並びによっては、裏側からの矯正をおすすめできない場合や裏側での矯正の場合に治療期間が伸びることがあります。どうしても裏側が良いという方は、まずは相談をしてみましょう。

目立ちにくいマウスピースの矯正

インビザライン

インビザラインというマウスピースを使用した矯正治療の方法があります。

インビザラインは透明のマウスピースで、取り外しができるので、見た目が気になる方や歯磨きをする時間が長く取れない方にもおすすめの方法です。

こちらも裏側矯正と同様、インビザラインでの治療を希望していても、歯並びや咬み合わせによっては適合しない場合もあります。検査をしてから、治療方法が決定します。

費用

当院の矯正治療の費用は、¥200,000~¥1,350,000と幅があります。

理由は、小さなお子様の第Ⅰ期の矯正、部分矯正、成人の難症例の治療とで大きく差があるためです。年齢や矯正治療経験の有無などである程度決まってきますが、お口の中の精密検査をして費用が確定します。検査結果や治療方法・費用をふまえた上で治療を開始するかご判断頂くことになります。

矯正治療で失敗しないために

患者さんにとって治療方法や費用は一番気になるところかと思われますが、機能美を目指した歯並びと咬み合わせにするために、検査をしないとはっきりとお伝えできないところがあります。そのため、患者様にとって「分かりにくい」状況です。

矯正治療を始める前には、必ず「初診相談」を受けていただきます。初診相談では、患者様のお話をお伺いするのがメインとなります。歯の治療歴や歯並びを治したいと思ったきっかけ、希望などをお伺いします。
初診相談でご不安なことやご質問など、検査前にじっくりとご相談いただく事ができます。

安い、早い、目立たないと断言はできません。もちろん、できる限り患者さんの負担が少なくなるように努力させていただいておりますが、一番優先するべきことは患者さんの歯の美しさと健康の為に最善を尽くすことだと考えています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする