八重歯を削るとどうなる?気になる費用と歯並びの矯正治療について

八重歯

八重歯とは

犬歯(前から3番目の歯)が他の歯と重なって出てきて、尖ったように見える歯について言われることが多いですが、犬歯以外でも重なっている歯のことを指します。

昭和時代は八重歯のアイドルが可愛いと人気がありましたが、現在では日本でも歯並びが気にされるようになり、治療を行う人も増えました。

八重歯の原因

●顎が小さい
●舌で歯を押すなどの悪癖
●歯のアーチに対して歯が大きい
●親知らずが無理に生えてこようとしている

犬歯は、スペースが小さく歯が並びきれないことで重なり、八重歯となるケースが多いです。八重歯を治したい!と思ったら、まずは原因を探ることが大切です。

歯科医院でX線撮影などの精密検査を受けると、歯並びが悪くなっている原因がわかります。

八重歯があるとどうなる?

歯が重なっている部分があると、見た目が気になるだけではなく、歯磨きがしにくく汚れが溜まり、虫歯や歯周病の原因となります。間接的に「歯を失う原因」になっているのです。

また、国際社会になる世の中で、歯並びを治療するのが当たり前の外国人から見ると「なぜ治さないの?」と思われてしまうこともあります。

八重歯を治す方法とは?

歯並びを治す矯正治療では、20万円~130万円程度の費用がかかり、年齢や歯並びによって幅があります。八重歯を削ったり抜いてかぶせ物をする場合は1本3万円~10万円程度で治すことができますが、あらゆる面で注意が必要です。

八重歯を抜く

患者さんの中には、八重歯を抜き、セラミックのかぶせ物をして綺麗にしたいという方もいらっしゃいます。重なっているからといって抜くのは正しい治療方法ではありません。天然の健康な歯は貴重な体の一部です。

歯科医院で健康な歯の抜歯をすすめるケースはあまり無い事ですが、決して安易な気持ちで抜かないでください。

八重歯を削る

八重歯の中でも尖っている歯を気にされる方が多いのですが、その尖っている部分を削って治すのでは、歯の寿命を縮めることになりますので、避けたい治療方法です。

八重歯を削って綺麗な形のかぶせ物を着ければ、見た目は綺麗になりますが、根本の解決にはならず再治療などのメンテナンスも必要になります。

八重歯がある方は、歯並び全体が叢生と呼ばれるガタガタとした状態になっているケースがほとんどです。咬み合わせに問題がある場合は、体の他の部分への影響も考えられます。

「早く治したい」という気持ちはもちろん分かりますが、一度歯を削らない・抜かないこと、機能美を重視した歯科医院で診てもらいましょう。

歯並びの矯正治療をする

八重歯は本来生えるべきではないスペースに歯が生えているのです。その原因を精密検査で突き止めて、的確な診断のもと歯並びの治療を行うことで、歯の向きや位置が綺麗に並ぶだけではなく、正しい咬み合わせとなり機能的にもメリットがあります。

矯正治療を行う際は、健康な歯を抜かない矯正治療に精通した歯科医院を選びましょう。

お気軽にご相談ください。

歯に関するお悩み・矯正・ホワイトニング・クリーニング等について、当法人の歯科医院までお問い合わせくださいませ。

銀座みゆき通りデンタルクリニック 銀座キッズデンタルパーク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする