親知らずと矯正治療

あれ、だんだん歯並びが悪くなっている? 以前は、もうちょっと歯並びが良かったのにな・・・

歯並びが悪くなる原因のひとつに「親知らず」の影響があります。
親知らずは一番最後に生えてくる歯ですが、現代人では骨の中に埋まっていて生えてこない人もたくさんいらっしゃいます。

親知らずの成長

親知らずは8~9歳くらいで頭の部分ができはじめ、20歳前後まで根っこの部分が成長し続けます。20歳以上になると親知らずの成長は止まりますが、生えてこようとする力は続きます。その力が、手前の歯をどんどん押して全体の歯並びを悪くしてしまうのです。

親知らずによって倒れた歯はどうなる?

他の歯に影響のある親知らずは、取ってしまった方が良い場合があります。ただ、親知らずを取っても、親知らずが押してきたことによる倒れてしまった他の歯は、自然には元に戻りません。特殊な矯正治療法により倒れた歯を起こすことができます。倒れた歯を放置すると、お口の中のみならず全身にもさまざまな症状が出ますので、注意が必要です。
※親知らず意外にも歯並びが悪くなる原因はあります。

    この記事の監修医

     

    医療法人FINE DAYS 理事長・歯科医師   古田博久

    銀座みゆき通りデンタルクリニック / 銀座キッズデンタルパーク