「口のニオイ」の原因&口臭を防ぐには?

口臭は歯周病、舌苔(舌についたコケのようなもの)などが主な原因です。

口臭の原因はお口の中の汚れと深い関係があります。お口の中をキレイに保つことで口臭を防ぐことができます。口臭があるかなと思ったら歯科医に相談してみましょう。

自分の口の臭いはなかなか自分自身では気が付きにくいもので、ほとんどの方は家族からの指摘で気が付くことが多いようです。口臭は人と話す時に最も気にされますが、社会においてコミニュケーションが円滑にとれないと、良い人間関係を築くことが難しくなります。

口臭の予防はお口の中の状態を清潔に保つことが一番ですが、それは虫歯予防や歯周病予防にも効果があります。口臭予防用のマウスウォッシュ、ガムなども販売されていますが、口臭への効果は低く、一時的なものになります。

舌掃除が重要

口臭が気になるとまずは歯みがきをするという考えになるかと思います。歯を磨くことがもちろん大切ですが、舌のお掃除はいかがでしょうか。鏡で舌を思いっきり出して見てみましょう。白っぽかったり、黄色くなっていませんか。

舌についている汚れは舌苔と呼ばれ、舌苔は菌の死骸や粘膜の細胞、タンパク成分などが主体です。これらが細菌によって分解され、口臭の原因となります。たっぷり付いた舌苔は口臭の大きなもととなります。

舌の掃除は舌専用のブラシややわらかい歯ブラシを使って行います。

唾液は多いですか?少ないですか?

唾液は殺菌作用がありますが、薬の副作用や年を取るなどで唾液の量が減ります。唾液が少ないと、口臭が強くなる原因となります。

入れ歯のお手入れに注意

きちんと洗浄されていない入れ歯は、プラスチックの部分についた唾液から細菌の作用で公衆の原因ともとが発生します。また、清潔でない入れ歯が当たる歯茎に炎症が起きたり、周りの歯が虫歯歯周病になり、さらに口臭が悪化するというケースもあります。

    この記事の監修医

     

    医療法人FINE DAYS 理事長・歯科医師   古田博久