PMTC(クリーニング)を定期的に受ける理由

PMTCとは

プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニングの頭文字をとった言葉で、歯科医院でプロによるクリーニングを行うことです。
PMTC

プラーク(ネバネバした細菌の塊)・歯石は虫歯や歯周病、歯肉炎の原因に

プラークは時間が経つとネバネバとしたバイオフィルムと呼ばれる膜になり、歯にくっつきます。毎日歯磨きを丁寧にやっていても、歯と歯の間や歯茎との間、歯が重なっているところなど磨きにくいところは自分では完全に落としきれません。

バイオフィルムはキッチンの流しなどにつくヌルヌルと同じ性質があり、細菌が簡単に流されないように粘り気のある膜を作って増殖しやすいように成長したものです。
汚れがべったり付いたまま放っておくとどんどん細菌は増えてしまいます。定期的にPMTC(歯科で行う専門的なクリーニング)を行うことが大切です。

PMTCを行うとツルツルの歯になり汚れがつきにくくなります。「自分の歯は本来こんなにツルツルだったのか」と驚く方も多いです。
また、茶渋やタバコのヤニなどを落とすことができるため、本来の歯の白さを取り戻すことができます。汚れをしっかり落とすことで歯茎の状態が改善されて引き締まり、健康的な色へと改善が期待できます。

歯石とは?

プラークに唾液に含まれるカルシウムが着き石灰化したもので、歯ぐきの中にも隠れていることがあります。
歯石は一度着いてしまうと歯ブラシでは取ることができない厄介者です。歯石は細菌の温床となるため歯周病の原因になりやすいといえます。少なくとも半年に1度は歯科医院での歯石取りを受けることが大切です。

PMTCの流れ

お口の中のチェック
歯と歯茎の状態を確認します。染め出し液を使って、自分の歯磨きでは磨ききれていない部分をチェックすることもあります。

歯垢や歯石を落とす
専用の機械を使用してお口の中を掃除していきます。ブラシ、ラバーなどのチップを使って自分では落としきれない細かい部分の汚れを落とすまで1本ずつ丁寧に磨きます。

フッ素塗布
綺麗でピカピカになった歯にフッ素を塗って歯質を強化します。

    この記事の監修医

     

    医療法人FINE DAYS 理事長・歯科医師   古田博久