子どもの歯並びが気になる

矯正治療は大人になってからでもできます。しかし、子どものうちから矯正歯科で歯の状態を確認してもらうことで、早い時期からの治療が適しているケースが見つかることもあります。
乳歯から永久歯に生え変わる時期の「第Ⅰ期治療」では顎の骨や歯の成長を利用した治療では、正しい成長やきれいな歯並びに導くことができます。成長を利用できるこの時期の治療では、痛みや子どもへの負担が少ないといわれます。また、永久歯になってからの治療の負担を軽減できることがあります。

AAO(アメリカ矯正歯科学会)においては、遅くとも7歳までの矯正歯科での検診を受けることを促しています。

顎が小さい、歯がガタガタしている

歯が生えきるスペースが小さいと歯が重なったり、斜めから生えてくることがあります。顎やお口の中のスペースを拡げることで、永久歯が生えそろうスペースを作ることができます。

うちの子、受け口かも?

下の歯が上の歯より前にきている状態の歯並びの場合は、下顎の成長を抑制したり、上顎の成長を促す装置を使用します。顎の成長バランスをしっかり整えます。

装置の見た目は子どもにとって負担になる?

矯正装置の見た目が気になったり、いじめの対象になるのではないかと心配される方もいらっしゃいます。矯正治療の装置には銀色のものもありますが、透明や白の目立ちにくい装置も登場しています。
また、アメリカの子どもは自分の歯並びを治すという意識が高く、矯正するんだということにステータスを感じているため、銀色の装置を好むといわれています。

    この記事の監修医

     

    医療法人FINE DAYS 理事長・歯科医師   古田博久

    銀座みゆき通りデンタルクリニック / 銀座キッズデンタルパーク