目立たない矯正治療、インビザライン

インビザラインは不正咬合を治すため、1人1人異なるカスタムメイドで作られる矯正装置です。食事や歯みがきの時以外は装着し、形の違うインビザライン(マウスピース)を決められた時期ごとに交換していくことで、少しずつ歯を動かします。

歯を正しい位置に動かせるように計算された装置で、治療前には相談・検査・診断が必要です。

インビザラインはお口の中に着けていても見た目はほとんどわかりません。取り外しも可能です。

インビザライン 矯正
インビザライン

安心できる治療方法

世界で30万人以上の人がインビザラインを使用した治療を受けています。インビザラインでの臨床報告は多数の論文があり、その半分以上が審査のある学術専門誌にて紹介されています。

見た目や装着感

透明で着けていても目立ちません。また、不快感も少なく、取り外しができるので食事や歯磨きも今までどおり行う事ができます。

ただし適さないケースも

インビザラインは目立たず取り外しもできる装置で、見た目が気になる方にとても人気があります。

しかし、受け口など歯並びによってはインビザラインでの治療が適さないケースもあります。その場合はワイヤー矯正等別の治療方法を検討します。
必ずしっかりとした検査を行っている歯科医院でお口の中の状態を調べた上、治療を始めることが大切です。

    この記事の監修医

     

    医療法人FINE DAYS 理事長・歯科医師   古田博久