透明で目立ちにくい歯並びの治療「インビザライン矯正」

矯正治療というとワイヤー矯正のイメージが強く、見た目が恥ずかしい、痛そうなどの印象を持たれている方も少なくありません。しかし、最近では「インビザライン」というマウスピースで矯正治療を行う方法が登場しています。 マウスピースは透明で取り外しができるので、今までの矯正治療の方法ではなかなか治療に踏み切れなかった人も、新たに治療を開始できるようになってきました。
invisalign

インビザライン矯正は1998年にアメリカで開発されました。そして、2006年に日本でインビザラインでの治療がスタートしました。現在までに400万人以上の世界中の人々がインビザラインで歯並びを治療しています。

インビザライン矯正では、コンピューターでシミュレーションを行い、いくつものマウスピースを交換していくにつれて正確な歯の位置に導かれるように、マウスピースを作製しています。毎回形の違う透明のプラスチック製のマウスピースを数週間ごとに交換し、歯を少しずつ動かしていきます。
「インビザライン」という名前は日本ではまだ浸透していませんが、アメリカやヨーロッパでは一般的な矯正治療方法です。

インビザライン矯正の流れ

初診・検査
初診相談で矯正治療についての説明を受けます。初診時にワイヤー矯正がすすめられる場合もあります。
後日、検査を受けて診断結果を待ちます。
歯科医院ではアメリカのインビザライン社に模型や精密検査のデータを送ります。

診断
インビザライン社から返ってきた結果をもとに矯正治療の計画の説明を行います。

インビザライン矯正開始
2,3か月に1回来院し、新しいマウスピースを受け取り交換していきます。
これを繰り返し、正しい歯並びへと導いていきます。

期間やマウスピースの個数には個人差があります。

インビザライン矯正のメリット

見た目が気にならない
透明のプラスチック製のマウスピースは歯に装着すると、ぴったりとはまりますので、ほとんど目立ちません。歯を覆うような形ですので、発音にもほとんど影響を与えません。

口腔内を清潔に保てる
ワイヤー矯正の装置は取り外しができませんが、マウスピース矯正のインビザラインでは取り外しが可能。そのため、今までどおり歯磨きやフロスを行うことができますので、虫歯や歯周病予防もきちんとできます。

ワイヤー矯正よりも痛みが少ない
インビザライン矯正では毎回歯を動かす大きさが決まっています。そのためワイヤー矯正よりも痛みを感じにくい方が多いです。また、ワイヤーのように出っ張った装置が口に当たってこすれたり、ワイヤーが飛び出してきたりなどの痛みのあるトラブルもありません。

食事を楽しめる
歯磨きの時と同様、マウスピースを外して食事を行います。ワイヤー矯正のように食べ物が装置に引っかかるということはありません。

インビザライン矯正のデメリット

誰もがインビザライン矯正向きではない
ワイヤー矯正よりもインビザライン矯正の方が優れているように見えがちですが、デメリットも存在します。それは、すべての歯並びには対応できないということです。
インビザライン矯正では歯を歯茎側へ移動させたり(圧下移動)などの動きが難しく、ワイヤー矯正がすすめられる歯並び・咬み合わせがあります。

将来の事も考えて、見た目だけではなく、咬み合わせや顎の動きを検査してくれる歯科医院で矯正治療の相談をしましょう。歯を抜いてからでは元に戻せないので、抜歯をすすめられるケースもセカンドオピニオンなどを利用してよく相談してから治療を開始することをおすすめいたします。

着け忘れや紛失の可能性
インビザライン矯正のメリットである「取り外しができる」という点は、デメリットにもなります。食事や歯磨きのたびに着ける、外すなどが必要になります。仕事や生活が忙しく着け忘れたり、マウスピースの紛失などで治療期間が延びることも考えられます。生活スタイルや性格にあった治療方法であるということも大切です。

    この記事の監修医

     

    医療法人FINE DAYS 理事長・歯科医師   古田博久