歯の中はどうなってるの?歯の仕組み

歯の仕組み 組織

歯の中の仕組み

普段見ることのない歯の中の仕組みや組織は、レントゲンで確認しても分かりにくいものです。歯の中の組織を理解することで、それぞれの役割の大切さ、役割を果たすために予防したいお口の中の病気などが分かってきます。
歯のしくみ

エナメル質

歯の表面の白い部分(2~3ミリ程の厚さ)で、体の中でも一番硬いところです。エナメル質は虫歯が広がりにくく、エナメル質の内側の組織を守っています。

エナメル質は食事の酸や歯垢の虫歯原因菌が出す酸により、ミネラル分(リン酸・カルシウム)が溶かされてしまいます。これを脱灰といいます。脱灰は虫歯の始まりとも言えますが、唾液には脱灰した部分を再石灰化する働きがありますので、毎日の歯磨きやケアを頑張っていれば自然に治る事があります。

だらだらと食事を続けてお口の中が常に酸に傾いた状態で過ごしていたり、歯に歯垢などの汚れが着いたままケアを怠ると、脱灰と再石灰化のサイクルのバランスが崩れてエナメル質はミネラル分が溶け続けます。白い斑点や歯の表面がザラザラしてきた状態で進行を抑えられなければ、エナメル質に穴が開いて虫歯の状態になります。

象牙質

エナメル質を支えている役割がありますが、柔らかく虫歯が進行しやすい組織です。象牙質を虫歯菌が侵食し始めると、エナメル質よりも虫歯が広がるのが早く、冷たいものや熱いものがしみたり、痛みを感じ始めます。象牙質は、エナメル質のように再石灰化する事はありません。

歯槽骨

顎の骨で、歯を支える重要な役割があります。歯は歯槽骨の中にありますが、歯周病になると歯槽骨がもろくなり、歯が揺れはじめます

歯根膜

歯周靭帯とも呼ばれ、歯を歯槽骨にしっかりと繋ぐ組織で、セメント質や歯槽骨に栄養を送る役割があります。

セメント質

コラーゲン線維とシャーピー線維からなる歯根を覆っている組織で、セメントのように歯槽骨に歯を保持するための役割があります。骨と同じくらい硬い組織です。

歯髄

神経と無数の血管から成っていて、歯に栄養や酸素を送る重要な役割があります。歯の治療で歯髄を除去すると、栄養が送られなくなり歯がもろくなります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする