コンセプト

感染予防対策の徹底

医療法人社団FINEDAYS
当グループでは、感染予防対策として、可能な限り使用する器具等は使い捨てのものを採用しています。

また、使い捨てにできない器具については、2気圧135℃の蒸気による滅菌後、使用直前に使い捨てのビニールでのカバーを行っております。

歯並びや咬み合わせからつくる健康的な口腔内環境

歯並び・咬み合わせからつくる健康的な口腔内環境
歯並びやかみ合わせを「治したい」「治してあげたい」けど、どうすればよいかわからない。
やっぱり不安や疑問は、解消して矯正治療を受けたいですよね。
矯正治療を始める前に納得いくまで十分お話合いをしていきましょう。

矯正治療で大切なこと

矯正治療ではインフォームド・コンセントが非常に大切です。
患者様にとって、矯正治療の真の必要性を理解していただかなければ成果ある治療を行えないからです。
したがって私たちは治療前のカウンセリングや精密検査に多くの時間をかけています。
そして、矯正を始めるベストのタイミングを見計らいます。

今一度、ご自身の健康を考えて、『あなた』の歯をどうか大切にしてください。
歯は一生の宝ですから。あなたの歯の代わりはありません。

健康な歯はできるだけ抜かない・削らない

矯正治療を始めるとき、「小臼歯を抜きます」(前から4番目の歯)と言われてしまうことが多くあります。

いったいなぜ抜くのでしょうか?

歯並びが良くなると、顔の印象が見違えるようになってきます。
口元のインパクトは、想像以上に強いものです。当然、患者様が訴えられる症状はほとんど前歯(見た目)に集中します。すなわち、ほとんどの場合は美の追求に尽きます。

矯正医も患者様の希望に応えようと見た目重視の矯正を行った結果第一小臼歯を抜いて前歯をおさめる方法が一般的に行われているのです。

このような考えで小臼歯を抜く事を「便宜抜去」といい、あくまで医学的な根拠がなく便宜的に抜いているだけだからです。

歯の役割を重視

歯には1本1本大事な役割があります。真の健康志向の治療は見た目を治すだけではありません。小臼歯の代わりは他の歯には出来ません。

健康な歯を抜かないで矯正できるテクニックをわたしたちは持っています。不正咬合の原因である傾いた奥歯をまっすぐに立てて本来の位置に戻しているからです。

それが、歯にとっても体にとって一番好ましい事は言うまでもありません。

子どもの予防歯科・矯正治療

子どもの矯正治療
・はじめて白くて小さな乳歯が生えてきたときのかわいらしさ。
・はじめて大人の歯が生えてきたときのうれしかった気持ち。

思い出してみて下さい。その時の感動を!

わたしはそんな大切なお子様の歯を抜きたくはありません。
そんなことをするために歯医者になったのではありません。
わたしたちはあなたの大切なお子様の歯を守るために存在する非抜歯矯正チームです。

大切なお子様の歯を守りたい、お母様、お父様。
わたしたちは、皆様と同じように「守りたい思い」があるから、頑張れます。

ぜひ、わたしたちにそのお気持ちをお聞かせ下さい。その言葉がわたしたちのやる気を加速させ努力する気持ちを後押しします。

そして、わたしたちのお話もぜひ聞いて下さい。

何故、健康な歯を抜かなくても矯正治療できるのか?そして、あなたの大切なお子様にも、その理由が必ずあてはまることを説明致します。

素敵な笑顔を作るために、一緒に頑張りましょう。