歯が臭い原因と対策方法。口の中以外にも臭いのもとがある?

歯 臭い

歯がドブ臭い原因とは

歯の臭いが気になるときは、周りの人にも口臭がキツく感じられているのではないかと心配になるものです。匂いの強い食べ物を食べたり、飲み物を飲んだりしたときのような一時的なものではなく、常に歯がドブのような臭いがするのは、さまざまな病気や歯のトラブルが起きていることが考えられます。

多くは細菌がタンパク質を分解する臭い

歯垢は、歯の表面にくっついている細菌の塊です。多くの方が歯に歯垢がついているのを目にしたことがあるでしょう。その細菌の塊がタンパク質を分解するときに臭いを発します。食事の後、食べかすを多く残したまま長時間歯磨きをしないと口臭が強くなります。これは細菌がどんどん増殖している証拠です。

臭いを発する歯の病気やトラブル

歯みがきをしてしっかりと歯垢を取ったつもりでも、歯から臭いがするときは、歯の病気やトラブルを考えてみましょう。

虫歯、歯周病

虫歯や歯周病は、独特な臭いを発するのが特徴です。虫歯や歯周病が進行し、歯肉にも影響がみえてくると、より臭いが増します。臭いの改善はもちろん、歯を長持ちさせるためにも早めの対策が必要です。

詰め物や被せ物の腐食や汚れ

歯 臭い
古い詰め物や被せ物がお口の中に入っている方は、経年劣化により腐食している可能性も考えられます。これは素材も大きく関係しているのです。昔よく使われていたアマルガムという銀色の詰め物は、唾液により少しずつ溶け、腐食していきます。樹脂の詰め物はセラミックや金などの素材と比べ、ダメージを受けやすいため、臭いが気になるときは注意が必要です。

また、詰め物や被せものが合っていないと隙間に汚れが溜まるなどして、これもまた臭いの原因となります。天然の歯や神経にダメージが及ばないうちに、歯科医院での処置を考えましょう。

時々見かける臭い塊は何?

白くてポロポロしたような臭いの塊がお口の中にあるときは、原因が歯だけではなく喉に関係している可能性があります。

細菌やウイルスの死骸の塊

臭いの塊は「臭い玉」と呼ばれ、この正体は「膿栓」というもので、ウイルスや細菌の死骸の塊です。口を大きく開けると、喉の左右の部分に扁桃という組織が見えます。

ドライマウスが大きな原因

扁桃に炎症があると、臭い玉のもとであるウイルスや細菌の死骸が溜まりやすくなります。これはお口の中の乾燥が大きな原因です。噛む回数が少ない、喫煙、口呼吸や薬の副作用によりお口の中が乾燥しやすくなります。

臭い玉は無害

強烈な臭いを発する臭い玉ですが、基本的には無害だと言われています。しかし、喉に違和感を感じたり、生活に支障が及ぶほど調子が悪かったり、症状が長引いたりする場合は耳鼻咽喉科を受診しましょう。

臭いの対策

マウスウォッシュを使うことで一時的な口臭対策にはなりますが、ドライマウスの方には逆効果となる可能性も。臭いの原因がわかったら、自分の歯を長持ちさせるためにも、早めに対策することが大切です。

歯磨き、フロスの徹底

毎日正しい方法で食後の歯磨きを行うと、虫歯や歯周病の予防効果は非常に高いです。自分に合った磨きやすい歯ブラシや研磨剤を使っていない歯磨き剤を使用しましょう。

歯と歯の間の汚れは歯ブラシで落とすことが難しいため、フロスも忘れずに行ってください。

しっかり噛んで唾液の分泌を促す

ドライマウスはお口の中の細菌の増殖させます。そして、どんどん口臭を悪くしてしまうのです。ドライマウスを改善するには、まず食べ物をよく噛んで唾液の分泌を促すことを心がけましょう。

また、ニコチンは唾液を抑えてしまうため、禁煙を目指したいところです。

歯科医院での定期メンテナンス

歯 臭い
セルフケアでは、虫歯と歯周病の予防に限界があります。もちろん、歯磨きや生活習慣の見直しは非常に大切です。しかし、専用の機械を使わないと綺麗に取りにくい汚れがあります。特に「歯石」や、ネバネバして歯の表面に貼り付く細菌の膜「バイオフィルム」は歯ブラシではほとんど落とすことができません。

定期的に歯科クリニックでのPMTC(クリーニング)を行うことで、虫歯と歯周病の予防、口臭対策ができるだけではなく、とてもスッキリとしたお口の中の環境を実感できます。

また、詰め物や被せ物の状態や咬み合わせのチェックを受け、虫歯や歯周病が見えないところで進行してしまうのを防ぎましょう。

臭いの原因がお口の中以外にありそうな場合

いくら歯磨きを頑張っても、歯科クリニックでのクリーニングを受けても改善されないという場合は、歯やお口の周り以外に原因があることが考えられます。
自分で気が付きやすい原因として2つ挙げますので、当てはまる部分がないかチェックしてみてください。

消化不良

口臭は、胃の中の状態も関係しています。胃で消化不良が起きていると、消化しきれなかった食べ物が発酵し、きつい口臭のもととなることがあるのです。暴飲暴食は避け、過度な飲酒も控えた方が良いでしょう。胃にやさしい、リンゴ・カボチャ・白身魚などを取り入れ、バランスの良い食事を心がけてください。

ストレス

先程も唾液を増やすことは大切だとお話ししましたが、実はストレスでも唾液が減少しやすくなります。リラックスできる時間を増やしましょう。

唾液が増えるとお口の中の細菌の増殖を防ぐこともできます。