子供が指しゃぶりをする原因と影響とは?やめない時の対処法

子供 指しゃぶり

子供の「口」に関する癖について

口腔習癖の種類

口に関する癖を「口腔習癖」といいますが、これにはいくつかの種類があります。口腔習癖は、指しゃぶり」が代表と言えるでしょうか。指だけでなく、おしゃぶりがやめられない、タオルやガーゼなど身の回りの物をしゃぶる癖のある子供もいます。

他には、舌を出す・舌で歯を押す、唇を吸い込むなどがあります。

何歳までなら指しゃぶりをしても大丈夫なの?

生後数ヶ月から指しゃぶりをはじめる赤ちゃんは、1~2歳頃までには指しゃぶりを自然とやめることが多いです。その頃までは特に酷い吸いダコなどの問題が見られない限り、温かく様子を見守ってあげます。

「指しゃぶりを続けているのが気になる」という親御さんは、小児歯科医に相談し、アドバイスを受けましょう。

3歳を過ぎても、指しゃぶりが習慣となってやめない子供もいますが、無理に怒ってやめさせるのは、かえって逆効果を生むことも。子供が安心できるような声かけやスキンシップ、リラックスできるような環境作りなど、それぞれの子供に合った方法で卒業できるようにしましょう。

歯並びと指しゃぶりをやめることが好ましい年齢ついては後ほどご説明いたします。

指しゃぶりの原因とは

本能的なもの

乳幼児の頃から指しゃぶりが見られる赤ちゃんがいますが、これはおっぱいを飲むための吸啜反応による本能的なものです。

赤ちゃんの頃は特に神経質になる必要はありませんが、1歳~2歳を過ぎても、この吸啜反応の延長として指しゃぶりが習慣化することもあります。

ストレスによる指しゃぶり・爪かみ

子供が精神的なストレスを感じ、情緒不安定であることが原因のひとつであると言われています。精神的な原因による神経性習癖とも呼ばれ、他に爪かみなどが見られることもあり、よく観察してあげることが大切です。

愛情不足

子供が親の愛情に飢えていると感じている場合、指しゃぶりなどの癖がやめられないことがあります。子供による「かまってほしい」というサインでもあるのです。例としてパパやママが携帯に夢中で話を聞いてもらえない・話しかけてくれない、などの状況で子供が「ひとりぼっち」だと感じる時間が多いと、不安や心配が習癖となって表れることがあります。

環境の変化

下の子が生まれると指しゃぶりがやめられなくなるということをよく聞きます。パパ・ママの愛情を独占したい気持ちや、環境が変わることによる不安により、指しゃぶりを始めることがあります。不安や緊張の気持ちがある子供は、指しゃぶりをすることで、安心感が得られるのです。

指しゃぶりの癖をやめないとどうなるの?

ウイルスや雑菌が口の中に入る

不衛生な状態で指を口の中に入れると、指についているウイルスや雑菌が口の中に入り、インフルエンザなど感染症にかかるリスクがあります。

幼稚園に行く頃や外で遊ぶようになる年齢になると、衛生面での注意が必要です。

5歳以上で指しゃぶりをすると歯並びに影響する

幼稚園に入る頃になっても指しゃぶりの習慣を続けていると、歯並びが悪くなる可能性が考えられ、場合によっては歯列矯正治療が必要となるケースもあります。指しゃぶりにより、指で上の歯を押す力が積み重なることで、上の歯が前に出て見える「上顎前突」や、歯を咬み合わせても前歯に隙間ができる「開咬」という不正歯列になるケースもあるのです。

また、右側ばかり・左側ばかりで指しゃぶりをしていると、歯並びや顎の成長に偏りが発生します。

3歳~4歳までにはやめられると理想的

3歳以上になって指しゃぶりがやめられていなくても、その後すぐにやめることができれば上顎前突や開咬が改善されることがあります。遅くとも4歳までには指しゃぶりをやめていたほうが良いと言えるでしょう。

歯並びが悪くなると、発音や顎の骨の成長に関わる問題も生じます。長期間指しゃぶりを続けてしまうと、不正歯列は自然には改善されないことがほとんどです。

指にタコができたり、爪が変形する

指を吸う力が強かったり、指しゃぶりの頻度が高いと指や爪にも影響が見られます。吸いダコは何らかの原因で雑菌が入ると、化膿を起こすことも。

炎症が見られたり、子供が痛がっていたら早めに専門医を受診しましょう。

指しゃぶりをやめさせる方法はあるの?

スキンシップをとる

子供が不安や緊張を感じて指しゃぶりをしている時は、やさしく手を握ってあげたり、抱きしめてあげることで安心させてあげましょう。子供に愛情を伝えるような言葉を掛けながらスキンシップをとるとより効果的です。

寝る前の指しゃぶりがやめられない子にも

安心して眠るために、寝る前の指しゃぶりが習慣となっている子供がいます。そういった子の場合にもスキンシップは有効と言えるでしょう。手を握り、声をかけて安心させてあげることで、次第に指しゃぶりをしなくても眠れるようになることが期待できます。

また、絵本の読み聞かせは、子供とのコミュニケーションやスキンシップの機会が増えるのでおすすめです。

ストレス発散させる

子供はエネルギーに満ち溢れています。遊びの時間が足りていなかったり、ひとりで退屈している時間が長くなると、指しゃぶりをしてしまうことがあります。それだけでなく、幼稚園や保育園の入園、弟や妹が生まれたことによる環境の変化でもストレスや不安、緊張を感じ、指しゃぶりが癖になる子もいます。

家の中で遊ぶことが多い子は、公園などで思いっきり走らせるなど適度にストレスを発散させてあげましょう。

友達と外で元気に遊ぶようになると指しゃぶりをやめることもあります。

なぜやめるべきなのかを話す

ある日突然、指しゃぶりをしていたら「やめなさい!」と怒られたら子供はどう感じるでしょうか。3歳以上になると、きちんと説明をすれば子供は理解しようとします。

「手についているバイキンがお口の中に入っちゃうよ」「歯が動いてごはんが食べにくくなっちゃうよ(歯並びが悪くなる)」など、子供に分かる言葉で説明し、なぜ指しゃぶりをやめるべきなのか理解させてあげましょう。

最初は効果が感じられなくても、子供が理解できるようになるまで何度も説明をしてあげることが大切です。

指しゃぶり防止のマニキュアを使用する

爪に指しゃぶりを防止するマニキュアを塗ることで、口に入れた時に苦味を感じて癖をなくしていくというものです。この商品はバイターストップと呼ばれ、爪かみの防止にも使用することがあります。

ただし物理的な対処法となる

使用により効果がみられる場合もありますが、塗らなくなるとまた癖が出始めることも考えられます。それだけでなく、指しゃぶりができなくなったことにより、他の異常習癖が見られるようになることが心配です。

このようなアイテムを使うことも1つの方法ではありますが、まずは根本的な原因を解消してあげることが1番と言えるでしょう。